術後の気になるポイントをチェックしてみよう

サイトメニュー

注射器

期待できる効果

銀座の美容整形外科では症状や悩みを解決するための施術をしてくれます。ただし、サービス内容や仕組みには違いがあるので確認してからにしましょう。比較してみることが大切です。また、施術の種類も確認してみましょう。
女性

見た目を変えるには

銀座の美容整形外科の活用方法の1つは、顔を若くすることやコンプレックスを解消することにあります。選び方の1つは、自分の感染を行ってくれるかどうかにあると言えるでしょう。後は、美容整形外科の場所によって決める方法もあります。
顔に触れる女性

きれいを目指す

銀座の美容整形外科でどれぐらいの費用がかかるかはどのような手術内容を選ぶかによって異なります。注射をいくつか打つ程度ならば\60000ぐらいで済みます。美容整形外科の特徴は、自分ではいじることができないような見た目にすることができる点です。

ダウンタイムの気になる点

女性

気になるポイントを事前に知っておくと安心

どの分野においても超一流店が集まる銀座エリア、美容整形外科クリニックも一流クリニックと言える所が多いようです。銀座の美容整形外科クリニックでは様々な美容整形が行われていますが、目元の施術として目頭切開を希望する患者さんも少なくありません。目頭切開は文字通り、目頭部分を切開して縫合することで目元の印象を変えるという美容整形で、目元にコンプレックスを感じる人に選ばれています。目元の印象を大きく変えられる目頭切開ですが、メスを使う手術ということもあり、術後のことが気になるという人も多いでしょう。まず術後に気になるポイントとして、「仕事や学校に復帰できるタイミングは、どのくらいなのか」という点が挙げられます。目頭切開の場合、身体に大きくメスを入れることはないので、眼鏡やサングラスで目元を隠せるのであれば、手術の翌日から仕事や学校へ行くことも可能です。ただし、手術翌日はまだ目元が大きく腫れているので、その点が不安という場合は2日から3日ほど仕事・学校は休むと良いでしょう。女性の場合、目元の美容整形後にどのくらいしたら、メイクができるようになるのかという点も気になる所です。メイクの許可は各クリニックの方針によって異なりますが、多くが抜糸が済んだら目元のメイクも可能となっているようです。コンタクトレンズもメイク同様、抜糸が終わったタイミングで装着するよう指導されるケースが多い傾向にあります。洗顔は手術翌日から行えますが、目元を擦ってしまうとダメージとなり余計にダウンタイムが長引く恐れがあるので注意が必要です。

銀座の美容整形外科クリニックであれば、ほとんどの所で施術を受けられるほど、目頭切開はとてもスタンダードな美容整形の1つです。美容整形を受けるという場合、できるだけ術後のダウンタイム期間を短くしたいと考える人が、大半なのではないでしょうか。ダウンタイム期間が長引けば長引くほど、周囲の人に美容整形を受けたことがバレやすくなりますし、また精神的な負担も大きくなってしまうためです。実は目頭切開の場合、ちょっとした生活習慣によってダウンタイムが長引いてしまうことがあるので、その点には注意する必要があります。例えば、洗顔などで施術部位を不必要に触ってしまうと雑菌などが入り込み、感染症を引き起こすことでダウンタイムが長引く危険性があります。洗顔やクレンジングなどをする際は、あまり目元を擦らないように優しく行うことが、ダウンタイム期間を長引かせないコツです。時間さえあれば、ついついスパートフォンを見てしまうという人もいるかもしれませんが、目頭切開後はできるだけ使わないようにしましょう。スマートフォンだけでなくパソコンやテレビなど目を酷使するものは、目元の血流を悪くして回復を抑制してしまいます。できるだけ目を休めることが、ダウンタイム期間が長引くリスクを減らすことに繋がるため、スマートフォンなどの利用は抑えましょう。また、ダウンタイム期間を左右するのは術後の生活習慣以外に、施術を行う医師の技術によっても大きく変わってきます。できるだけレベルの高い医師が執刀を行う、美容整形外科クリニックを銀座で探すのが良いかもしれません。